FXシステムトレードとは自動で設定どうりの取り引きを行うシステムです

低金利が長い間続く日本では、定期預金の金利はほとんどつかないですがそうとはいえ、危険性の高い投資で資産をまわすのはいやだという方に人気なのが外国の通貨を売買して利益を出す取引のスワップ投資です。
似たようなFXへの投資だとしても通貨売買差益でのもうけより危険性が少なく初心者でも、もうけを出しやすいと言われています。
FXシステムトレードと言うのは、前もって設定してあるルール通りに自動的に機会が取引してくれるシステムです。
FXシステムトレードのメリットとしては、取引に感情が入らないので、損切りなど躊躇してしまうものでも自動で行ってくれ、大損をするリスクを回避できます。
また、もっと儲けたいという欲も捨て取引ができるので堅実な利益を得ることが出来ます。
さらに、日中仕事をしているサラリーマンの方でも取引が出来るようになります。
一方、FXシステムトレードのデメリットとしては、予め選択できるルールもありますが、自作でルールを決めるためにはFXに関する専門的な知識が必要だということです。
また、急激な相場の変動に対応できない場合があります。
その時に予想以上の損が出てしまう可能性もあるので注意が必要です。
FXはレートが上昇すれば利益になり、レートが下降すれば損失となります。
ですので、シンプルに考えるとFXでの勝率はすなわち半々です。
しかしながら、実際に勝てる確率は、5?10パーセント程度といわれています。
勝率が低い原因として、レートが変わらない状態も発生し得るからです。
FXの取引をするときは、為替が大きく変動する時間帯をきちんと把握しておくことが不可欠です。
代表的なものが米国の雇用統計が発表された後の時間帯です。
さらに、アメリカのFRB理事会が終了した後も大きく変動します。
1日の間でみても日本、欧州、米国の主要市場の取引開始から大幅に変化する場合もあるので、市場が始まる時間をきちんと把握しておくようにしてください。