看護師の転職先は病院以外にもたくさんある?

そこそこ昔のことではあるものの、看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると広く考えらえていた節があります。
しかしながら、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。
何しろ看護師の給料といえば、家の屋台骨として充分に、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。
要するに看護師は給料の高い専門職だということです。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり、勤め先によっても違ってきます。
現場では一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという病院が大半です。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を取り入れている病院が多いです。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
少々手間もあるのですが、利点が多い看護師の能力評価については、これを行なう病院がかなり増えました。
看護師の個々の能力を、間違いなく測定し、評価をつけられるよう、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。
月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という病院もあります。
このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。
また、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。
看護士になりたい動機は本当にどんなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを交えるとイメージが良くなります。
転職の場合、その理由は今までに培ったスキルを活かしたいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。
今までの勤務先についての良くないことは言わないようにしましょう。

看護師転職時の履歴書の書き方は?経歴全て記載必要?【好印象な書き方】