たかの友梨のエステサロンが成功した理由はコレだった?

たかの友梨の経歴は、複雑な生育環境に注目されていますね。
著書の「運が悪くて良かった」でも触れられているとおり、たかの友梨は、大人の都合に振り回されて小学校の時には6回も転校を繰り返したとも言われています。
しかし、自分の道を自分で切り開いていくエネルギーは、そうした反骨精神から生まれたものなのかもしれませんね。
16歳で理容師として社会に出てから、夜間学校に通い美容師を目指しました。
人生二毛作という考えで、24時間フル回転で仕事と勉強に励んだため、ニキビに悩まされることになります。
そこで、外資系ビューティーアドバイザーになり、エステティック技術を学ぶこととなったのです。
他の人がやっていないことで成功をつかむという人生哲学を得て成功に繋げたのです